« やがて訪れるAI・人工知能社会におけるベーシックインカムの必要性。16年6月9日 | トップページ | ツバメが再度巣作りを始めた。16年6月15日 »

2016年6月11日 (土)

4羽のツバメのヒナはカラスに補食され全滅した。16年6月11日

6月9日、エレベーターホールのツバメの巣のひなは4羽すべてカラスに補食されてしまった。


M_610


車椅子の隣人と私。


5月5日に巣を作り始めて、床に糞よけのダンポールを敷き、毎日、見守ってきた。
ヒナが孵ってからは日に三度、エレベータホールの糞の掃除をしてきた。
ヒナが小さいうちは、親ツバメは糞をくわえて巣から離して捨てる。そうしないと、カラスにヒナの存在を感づかれてしまうからだ。

成長してから巣から丸い頭を並べてこちらを見ている姿は実に可愛いく、子供が増えたように眺めるのが楽しみだった。

巣立ちまで2週間ほどだったのに、カラスにヒナを捕食されてから、言いようもなく寂しい。呆然と手すりに止まっている親ツバメも哀れだった。

カラスは先月、卵が産まれた頃にも巣を壊したことがあった。
グズグスになった巣はガムテープで補強した。

それ以来、巣近くにいるカラスをツバメが猛スピードで攻撃し、追い払う姿を幾度か見かけた。
しかしカラスは利口だ。卵を確認してから、ひなが育つのを待ち、隙を見て巣を襲ったのだろう。去って行った親ツバメはどこか安全な場所で二度目の子育てに励んでくれることを願っている。


ヒナがいなくなった今、壊れた巣は自然落下の恐れがあるので、10日、撤去して壁の泥も雑巾で拭き取った。
撤去しながら分かったのは、壁への泥の接着はとても堅牢だったことだ。接着面の泥はゼラチン質の多い唾液で練っているからだろう。しかし、接着面以外の部分は脆く、ヘラで突くとポロポロと壊れた。荒川河川敷の泥は粘土分が少なく巣作りには向いていない。

これで、住まい近くの荒川土手を飛んでいるツバメは雌にあぶれた雄1羽だけになった。42年前、始めて荒川土手へ散歩へ行った頃は、いつも、たくさんのツバメが舞っていたのに、すっかり寂しくなってしまった。


田舎の人はツバメをとても大切にしているが、東京は違う。糞が汚く家を汚すとか、ひなが育つと鳴き声がうるさいと撤去する人がいる。このままでは東京からツバメは消えてしまいそうだ。

今、散歩コースで確認しているツバメの巣は東京北医療センター近くの民家1階の車庫だけだ。いつも乗用車が二台駐車しいるが、日中はシャッターを下ろしていない。住人はツバメが好きなようで、毎年、ツバメは営巣して無事に子育てを終えている。

今日、覗くと、巣の前にカラスよけのネットが下げてあった。巣の真下に車があるが、持ち主は糞でボンネットが汚れるのを気にしていない。そのようなおおらかさは好きだ。


テレビではモアメド・アリ氏の盛大な葬儀を放映していた。
くらべて、ヒナたちの死は砂粒のように小さい。
巣に残されていたヒナたちの羽毛はゴミとして捨てるに忍びず、散歩道の明るい草原に埋めた。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Ma7

Ma_8

|

« やがて訪れるAI・人工知能社会におけるベーシックインカムの必要性。16年6月9日 | トップページ | ツバメが再度巣作りを始めた。16年6月15日 »