« ディズニーランドのカリブの海賊で感じた死者たちからのメッセージ。16年11月1日 | トップページ | ヒラリーのリベラリズム(自由主義)の欺瞞と米国型資本主義の暴走がトランプ勝利を生んだ。16年11月10日 »

2016年11月 3日 (木)

終末期に見る、死者が迎えに来る幻覚。16年11月3日

久しぶりに暖かい。
窓からの河川敷のそよ風が心地よい。

60歳から70歳へは一瞬で過ぎた。
それ以上に早く、死期は一瞬で訪れる。
だからか、スケジュールを真っ黒に埋め尽くす生き方はやめた。貧しくても、自然や刻々と過ぎて行く月日をしっかりと感じながら過ごしたいと思っている。

・・・我々は土から取られたちり・・彼の遺体を地にゆだねる・・土は土に、灰は灰に、ちりはちりに・・・

うろ覚えの、埋葬に唱えられる祈祷書の言葉がふいに思い浮かんだ。
この言葉は全ての宗派に共通する死への意識だ。

最近、人工知能に委ねられた近未来社会のことを考える。
自分より考えることが優れている機械が現れた時、人は自分の存在意義に悩む。ネコなら悩まずに肉体や感覚に従って生きているのに、人はそれができない。日常の全てに、なぜなぜと理由を考えずにはいられない。

しかし、人は夏の青空や春の野山や厳冬の雪景色のような自然の移り変わりに感動できる。論理的な説明は難しいが、人は自然の一部で、感動できることに存在意義があるのかもしれない。


Ma_1


荒川土手の空。


終末緩和ケア医・奥野滋子氏が死について書いていた。
奥野滋子氏によると死を前にした多くの人が、死者が迎えに来た幻覚を見て安らかに逝く。

その記述の中で、身寄りのいない60歳女性の終末が心に残った。
彼女は卵巣癌で、夫とは死別し子供はいない。実母は学生時代に亡くなっている。
彼女は腹水が溜まり、体はやつれ、自力で動くこともできない。
ある朝の回診で、彼女は母親が病室に来たと話した。
母親は窓辺に腰掛け外を見ていて、話しかけても自分を振り返ってくれないのが寂しかったと話した。すぐそばにいるのに、答えてくれない母親に、自分は何か悪いことをしてしまったのだろうか、と彼女は悩んでいた。

翌日の回診でも彼女は、母親が背を向けたままだと、暗い顔をしていた。
翌々日、彼女は清々しい顔で回診を待っていた。
彼女は嬉しそうに、母親が自分を見てくれたと話した。そして「いろいろお世話になりました。私は大丈夫です。ありがとうございます」と礼を言った。
その日の午後、彼女は血圧が急下降して意識がなくなり、夜に亡くなった。
多分、臨死状態で分泌される脳内麻薬エンドルフィンによる多幸感の中で、彼女は母親と旅立って行ったのだろう。


家族に囲まれての死はドラマの中だけで、現実にはほとんどない。
家族が居ようと居まいと、人は一人で死ぬ。
24時間体制で妻が付き添っていても、トイレか台所へ立った一瞬に夫が死ぬことはある。隣で寝ていた夫が、朝には冷たくなっていることがある。悲惨なことだが、元気だった赤ちゃんが静かに寝ていると思ったら突然死していることもある。

私は母の最後の吐息と心音を聞くことができたが、これは極めて稀な幸せだと思っている。しかし、それは私が良かったと思っているだけで、死に逝く母の気持ちは別だ。意識は遠く私は傍で手を握っていることにも気づかなかったはずだ。それでも、死の前に先に逝った父、姉、兄の幻覚をしばしば見ていた。無理な延命をしなかった母は、多幸感に包まれながら彼らと旅立って行ったと確信している。

釈迦が語った苦しみに「愛別離苦」がある。
どんなに愛し合っていても、死別の苦しみがある、との意味だ。
努力しても、最期は一人で死ぬほかない。
しかし、救いは多く用意されている。その一つが、終末医療の医師が見た「お迎え」現象や、臨死状態で分泌されるエンドルフィンによる多幸感などだ。


Ma_2


夕暮れの荒川土手。


むしろ、死別によって残される者の苦しみの方が深い。
それに伴い、死後や終末医療への希望を書きとめる終活ノートが注目されている。
これは近い将来、AI=人工知能を使ったものに変わると思っている。

具体的には、本人の声をAIに登録し、マニュアルに従って自分の考えをAIに詳細に記憶させる。そして、自分が危篤状態に入った時に子供や妻たちはAI化された自分と会話する。
「お父さん、危篤で意識がないけど、延命治療や胃瘻をしてもらう」
するとAIは父親の声で、まるでそこに生きているように答える。
「延命治療は一切しないでくれ。それで助かるわけではなく、ただ苦しい時間が長引くだけのことだ」
AIの目は周りの人たちも認識し、妻や子供の顔を認識し名前で語りかける。家族は死後の墓のことや遺産相続について、残された妻や子供たちは生きている父親を前にしているように話し合うことができる。
それは今すぐにでも、コストさえかければ可能な技術だ。Macの音声入力ソフトSiriを使った明瞭な受け答えを聴きながら、そんな近未来の終活を考えていた。

肉体は絶えず入れ替わり、数年で別物になると言われている。それでも自分が自分であると確信できるの記憶の継続性によるものだ。上記のように、人工知能によって形作られた自分がさらに完璧になれば、形式だけの不死を得られる。だが、それは寂しい不死だ。太古から繰り返されて来た自然死こそが素晴らしい終わりだ。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« ディズニーランドのカリブの海賊で感じた死者たちからのメッセージ。16年11月1日 | トップページ | ヒラリーのリベラリズム(自由主義)の欺瞞と米国型資本主義の暴走がトランプ勝利を生んだ。16年11月10日 »