« 週刊ダイヤモンド「中国人が日本人には絶対言わない日本旅行の意外な本音」を読んで気分が悪くなった。17年12月12日 | トップページ | 「ソラリスの海」と、スマホ差別で取り残される中国の老人たちと、25連敗で終わったコンペ。17年12月27日 »

2017年12月23日 (土)

日本の美しさと散骨。楽しさに月日の過ぎる速さは比例する。17年12月23日

今日は冬至。日の入りは4時半だった。
今年の冬の訪れは早く、荒川土手の風はいつもより冷たい。


M_9


思えば三ヶ月前まで汗をかきながらこの道を歩いていた。
散歩帰りには西の空に細い三日月が出ていた
これから寒さは本番だが、今日から日に日に日は伸びて、三ヶ月後には桜が開花する。
最近、楽しさと月日の過ぎるスピードは正比例すると気付いた。
もし幸せなら、あっという間に冬は終わり春を迎えるだろう。


M_8

新河岸川の夕暮れ。


デザイン・コンテストに応募して結果を待っている。
もし、朗報が得られればのどかな正月を迎えられる。
しかし、物事は思うようにはいかないのが常だ。
だから年賀状には、
「禍福は糾う縄のごとし 願わねば最良の老い」と書いた。
老荘思想では万事やりっぱなしが最良とされている。


年の暮れは過ぎた年月を思い出してしまう。
70年近く前の少年時代は敗戦直後で日本はとても貧しかった。
だから、親の世代から我々と、歯を食いしばって頑張り高度成長期を迎えた。
そのダイナミックな序曲は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の背景のオリンピックあたりだった。

成長は加速をつけて続き、バブルを迎えた。
私も恩恵を受け、多額なあぶく銭があちこちから入った。
あの頃一晩で使ったお金で、今なら2ケ月は生活できる。
バブルが終わった頃に絵描きに転向したが、良い時代の余韻は続き仕事は断るほど舞い込んでいた。
そして今は、危うい超低空飛行を続け、一瞬で激突し果てそうだ。
それはそれで仕方がないことで、そうなっても悔いはない。

人生は幸せ探しだ。
その幸せの意義は時代によって大きく違う。
今の多くの日本人は、お金は全てではないと気付いている。
非効率でも古いものは大切だ。
シンガポールや中国のように効率一辺倒の拝金主義に陥っていては幸せにはなれない。
しかし、彼らがそれに気づくにはもう少し時間がかかりそうだ。

最近、心に響いた動画がある。
S&B本生CM・ネット用4分バージョン
「わさびのはなし」
・・・文字をクリックすると開く。

この透明な歌声と日本の四季は本当に美しい。
欧米とはまるで違う、アジアでも異色の美しさだ。
国際的な観光調査で、内省的で静かさを好む観光客は旅先に日本を選ぶ、との結果が出た。

その美しいものを理解しない日本人には失意を感じる。だから、前回の記入で、「中国人が日本人には絶対言わない日本旅行の意外な本音」に強く反発してしまった。


今夜のNHKで墓について話していた。
身内の遺骨の処理に困って、コインロッカーなどに遺棄する人が多いようだ。

埋葬法で遺骨は決められた場所以外に勝手に埋葬するのは禁じられている。
それについて、番組に出ていた葬儀専門家が面白いことを話していた。
「法律では遺骨を勝手に埋めることはできません。
屁理屈になりますが、埋めない散骨は法の盲点で処罰の対象外です。
ただし、骨と分かる形状で撒けば気味悪く思う人が多く別の問題が起きます。だから微粉末にして、他人の土地以外の自分の土地や海山などに撒くのは法的に問題はありません」

私も同じ解釈をした。
母の遺骨は微粉末にして郷里の海や、母ゆかりの公有地などに少しづつ分骨して撒いた。ちなみに遺骨の主成分はリン酸カルシウムで植物の肥料になる。だから、散骨した土地の草花は元気に育ち美しく咲く。
番組では粉砕機で粉にすると大げさなことを言っていたが、私は大きな乳鉢で少量づつ二十日かけて微粉末にした。先祖代々の墓は博多にあったが、母は父方の知らない祖先と一緒になることを嫌がっていた。その頃は新しく墓を建てるだけの収入はあったが、墓を残せば維持費がかかり親族たちが迷惑する。それで散骨を選んだ。

それでも墓にこだわる日本人は多い。
しかし、昔から日本人がそうだった訳ではない。
多くの人が石造りの先祖代々の墓を持ち始めたの近世に入ってからのことで歴史は短い。
それまでは、高級武士や貴族以外は、土葬にして木の墓標を立てるだけだった。
木の墓標はすぐに腐ってなくなる。その跡には目印の小さな墓石を置いたが、それも角が取れて字も消え、いつしか忘れられた。日本の地質は酸性なので、多くの遺骨は数百年もすれば溶けて無くなってしまう。墓は忘れられ自然に帰るのが一番だ。もし永遠に維持しようとしたら、狭い国土は墓で埋め尽くされてしまう。

ちなみに台湾の葬儀は公費で賄われ全ての人が無料。散骨ができる公的自然公園も充実している。番組のゲストたちは、それをとても羨ましがっていた。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 週刊ダイヤモンド「中国人が日本人には絶対言わない日本旅行の意外な本音」を読んで気分が悪くなった。17年12月12日 | トップページ | 「ソラリスの海」と、スマホ差別で取り残される中国の老人たちと、25連敗で終わったコンペ。17年12月27日 »