« アンチエイジング効果があるエゴマ油が店頭から払底したが、亜麻仁油でも同じ働きがある。18年11月24日 | トップページ | 雨のクリスマス飾り-銀座慕情。18年12月11日 »

2018年12月 5日 (水)

簡単に心を無にして悩みから解放される方法。それは古来言い伝えられた格言を覚えることだ。18年12月4日

 坐禅の目的は、雑念を捨てて心を無にすることだ。
しかし、心を無にするなど観念的過ぎて、どうすれば良いか、誰もが悩んでしまう。

 物理学では何もない空間はありえない。
同様に、人の心から雑念を無くすことも不可能だ。
なぜなら、生きていることそのものと、生きている楽しさのすべてが雑念だからだ。
もし、本当に心を無にしてしまったら、生きている喜びも無くなってしまう。
昔から酒色を愛した高僧の逸話が多く残されている。
高僧が煩悩そのものの酒色を肯定したのは、雑念の意味がよくわかっていたからだろう。

とは言え、雑念を温存したまま心を無にすることはできる。
それは雑念の器である心を大きくすることだ。
心が広大になれば相対的に雑念は小さくなり、煩悩も消える。

心を広くする方法は簡単だ。
世の中に無数にある名言格言の中から、その時の自分に響く言葉を見つけて理解することだ。
名言は数多く覚える必要はなく、たった一つで十分だ。
それを日々、しっかりと噛みしめて暮らせば、いつの間にか心は大きくなって、悩みから解放される。
酒色を肯定した高僧が煩悩に囚われなかったのは、心の器がとても広かったからだろう。

 参考に海外の諺を少しだけ記した。
古今東西関係なく、同じような諺が多い。
人の悩みは昔も今も、西洋東洋関係なく変わらないようだ。


 次の角まで全力で走ろう。その先は考えなくてよい。

 一番高い山ではなく、自分の山を登ろう。

 人は変えられないけど、接し方は変えられる。

 友だちは大切だけど、依存はしない。

 「やらなければいけない」ではなく「やりたい」かどうかが大切。

 頑張って誰かに好かれようとしてはならない。

 他人の意見より自分の行動が大切。

 友人とは、互いに自立した関係。

 お金のためではなく「自分」のために働く。

 自分の哲学やルールは自分で決めよう。

 踏み跡の多い道ではなく、自分の道を歩こう。

 愚かな一貫性より、賢明な柔軟性が優れている。

 周りに耳を傾けても、最終的には自分で決めよう。

 長期計画は不要。今日一日のことだけを考えよう。

 ダラダラでも一生懸命ダラダラしよう。

 お金は目に見えないものに使おう。

 自分の命や人生は、すべて借り物。借りたものに満喫したら、最期は返却しなければならない。


上記は無数にある諺の極々一部だ。
私の経験では、好きな場所で、ぼんやりすることが一番効果があった。


M_9

 最近、公園で毎日のように出会う老夫婦。
おじいさんは80代後半。奥さんは80代前半。
奥さんは脳疾患での高度の認知症らしく、病院附属の介護施設に入所している。
おじいさんは一人暮らしが寂しい様子で、毎日、会いに来て、病院の庭で車椅子散歩をさせ、世話をしている。

かって二人には、愛し合った瑞々しい新婚時代があっただろう。
奥さんが若い頃は、可愛い良妻だったかもしれない。
長身のおじいさんは、勤勉で凛々しかったかもしれない。
二人を眺めていると、若い頃の様子が思い浮かぶ。

今の状況は何年もは続かず、数年後にどちらかが先に行く可能性は大きい。
歳上のおじいさんが先に行きそうだが、
反対に残されるとしたら、心身がしっかりしている分、辛いかもしれない。

M_7

 公園の黄葉。
昨日は各地で12月の最高気温を記録したほどに暑かった。
大分では夏日を記録したほどだ。
明日は一転して、厳冬期並みの寒さになりそうだ。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« アンチエイジング効果があるエゴマ油が店頭から払底したが、亜麻仁油でも同じ働きがある。18年11月24日 | トップページ | 雨のクリスマス飾り-銀座慕情。18年12月11日 »