« 私の平成には最良と最悪の出来事が起きた。社会的にもバブル崩壊に大震災に大事件と悪いことが多かった。19年3月31日 | トップページ | EVのリチウム電池にタイタニックの惨事を連想する。「令和」は次世代に覚悟を迫る良いネーミング。19年4月5日 »

2019年4月 1日 (月)

新元号「令和」考。見当違いの批判続出。19年4月1日

新元号は「令和」私の予測は残念ながら外れた。
外したのは私だけでない。専門家・マスコミを含め「令」の一字すら当てられなかった。

「令和」は万葉集巻五・梅花の歌三十二首の序文「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用された。
爽やかで美しい春に風は和らぎ・・・「和」の本来の意味は自然が和らぐ。国文学者によると「人々が仲良くなる」は後年加わった意味だそうだ。

古典文学から選ばれたのは史上初で、一部の左翼系識者が言っているような政治的なものではない。
中国のネット上には、「後漢の文学者、張衡の韻文「帰田賦」の中に・・・於是仲春令月,時和氣清・・・がある」との指摘があった。
「令月」は漢語なので、丹念に探せば中国の古典からいくつも見つけられるだろう。
漢字を使う限り、中国古典を否定することはできない。
新年号選考委員の学者たちも先刻承知のことで「日本と中国両方の古典を参照した」とNHKは報道していた。

しかし、韓国のマスコミは、「万葉集を参考にしたところが、保守色が強く、安倍政権の保守回帰の表れだ」と見当外れの論評をしていた。万葉集は1300年前に、庶民から貴族まで広く公募して選ばれた。それは、古代としては極めて稀な民主的な歌集であった。それを保守的というのは不勉強も甚だしい。もっとも、韓国のハングル世代はインテリでも漢字が読めない。だから、ネット検索で検証することができず、そのような誤解が生じたのだろう。

もっとひどいのは中途半端な日本通の米国記者たちだ。新元号の「令和」は「和を命令する」と解釈し、安倍の憲法改悪のための世論操作と、とんでもない解釈をしていた。社会党系の政治家も同じことを言っていたので、米国記者はそのような左翼系識者たちからの受け売りをしたのだろう。

新元号発表直後の世間の反応に違和感があったのは事実だ。
アートの世界では、既成概念にない斬新なものほど初めは違和感がある。
その意味で、新鮮なネーミングだったと言える。

先の米国記者のように「命令」や「冷たい」を連想する向きがいるが、それは悪意のある誤解だ。
「令」を漢和辞書を引くと、第1項「神の清らかで正しいお告げ」、第2項「おきて、お達し」、第3項「良い、清らか、美しい、縁起が良い」とある。「令月」は旧暦2月で春の今頃の美しく新鮮な季節を表し、縁起の良い月とされている。
一般熟語としては「令嬢」「令夫人」などがある。

「昭和」が発表された時、昭=明らかに照らす=を知っている一般人はいなくて、今回の「令」以上に世間では違和感を持った。
しかし「昭和」はそれから一般に深く馴染んで、今、それを言う者はいない。
それと同じように「令」の本来の良い・縁起が良い、と言った意味も一般に親しんで行くはずだ。

「平成」選考時に参加した委員の話では、明治以降、元号後ろの文字は、一字発音「メイジ、ショウワ、レイワ」と二字以上発音「タイショウ、ヘイセイ」が交互に選ばれる、とのことだった。「令和」の「和」は一字発音でその原則に合致する。

街の声で記憶に残った言葉は、
「平成生まれの私は古くなったような気がして寂しい」10代女性の発言。
私も平成に変わった時、昭和を遠く感じたので、彼女の気持ちは理解できる。

新橋駅前の号外配りは、大群衆が殺到して大変なことになっていた。
今回の号外は歴史的資料価値が高く、すでにネット上では5千円の値段で売りに出されている。
便乗商品も多く、改元実施日の5月1日までお祭り騒ぎが続きそうだ。
年末年始のようなイベントも次々と計画され、そのワクワク感は楽しい。
「令和」に変われば経済も心機一転して、攻勢に転じる予感がある。


M_6

新元号発表の時刻には晴れ渡っていたが、夕暮れから雨が降り始めた。

M_7_1

妻子に捨てられたポチ。


Ma_3

Ma_4

Ma_5

Goof

Mas

|

« 私の平成には最良と最悪の出来事が起きた。社会的にもバブル崩壊に大震災に大事件と悪いことが多かった。19年3月31日 | トップページ | EVのリチウム電池にタイタニックの惨事を連想する。「令和」は次世代に覚悟を迫る良いネーミング。19年4月5日 »