« いと恥ずかしきこと。例えば、意識高い系の「スタバでMacノート」への賛否は時代で変化。令和2年1月23日 | トップページ | 美術市場低迷を加速させるものは。願わくば、最期のBGMはモーツアルトがディズニーランドのパレード曲を。新型肺炎で日本にとどまる中国観光客の思惑。令和2年1月30日 »

2020年1月25日 (土)

粘液嚢胞と逆流性食道炎を快癒させた。建設の日韓と破壊のドイツ・ポーランド関係を同列視する欧米マスコミの愚かさ。令和2年1月25日

 正月、下唇内側に5mmほどの腫瘤を見つけた。綺麗な反球形で表面は滑らかだ。軽い痛みを感じたので指で触れ鏡で確認した。直感では悪性ではない。悪性の場合は不規則に増殖するので、表面は硬くデコボコしてザラつき、出血しやすい。悪性腫瘍の初期は、痛みがないのも特徴だ。すぐにネットで画像検索すると、酷似した画像がたくさん出てきた。

病名は粘液嚢胞。下唇の内側が好発域で、唾液腺の出口が傷ついたり炎症を起こして塞がり、唾液が滞留して嚢胞を作る。たまたま唾液腺の出口付近に口内炎ができて、塞がり発生したと推測している。最初、痛かったのは口内炎ができたからだろう。すぐに口内炎の薬を吹き付けたので、炎症は一晩で治った。しかし、後遺症として粘液嚢胞ができてしまった。子供に多い病変で、頰の内側を噛んだことで引き起こす。私の場合は、噛めない場所なので、そのケースは除外した。

専門治療は口腔外科だ。一般的には、歯科で診断・治療をしている。再発を繰り返す場合は切開して唾液腺と一緒に取り除く。沢山ある小さな唾液腺なので取り除いても弊害はない。傷口は縫うので、完全治癒まで10〜15日を要する。通常は経過観察だけで何もしない。医師の判断によっては、針を刺して中の液体を押し出し、小さくするケースもある。嚢胞の中は無菌の液体が詰まっているだけなので、放っておいても吸収されて消失する。私の嚢胞も、正月は硬く大きく、頰の外側から押してはっきりと確認できたのに、今は小さく縮小し、て舌先で触っても分からなくなった。

 先日、睡眠導入剤のレンドルミンを処方してもらいに、かかりつけの内科へ行った。最近、軽い逆流性食道炎が再発していたので、胃酸を止めるガスターDも一緒に処方してもらった。支払った額は200円。後期高齢者健康保険の恩恵に心底驚いた。処方薬局で支払ったのは350円。こちらも驚きの安さだ。これでは国家財政が破綻するのは当たり前だ。

 ガスターDは胃酸を止める力がとても強い。胃酸はタンパク質の消化を助け、強力な殺菌作用がある。飲み続けると、様々な障害が起きるので、注意書きに短期服用とある。試しに3日ほど飲んで様子見した。すぐに胃酸逆流は止まったが、肉類の消化は悪くなって気分は良くない。それでガスターDは止め、日常生活の工夫で、逆流防止することにした。逆流性食道炎治療の第一選択肢は生活の改善なので、正しい対応だ。

 慢性の胃腸炎の治療は西洋薬より和漢薬が優れている。ガスターDを止めた後、様々な市販薬を試してみた。結果は、一般的な漢方胃腸薬数種を試してみたが逆流性食道炎にはほとんど効果がなかった。炭酸水素ナトリウムなどの中和剤を含むパンシロンは胸焼けがすぐに止まるが、根治する気配はない。最後に常備薬として、まだ有効期限内の民間薬の百草丸があったので、食後すぐに飲んでみた。すると、食後すぐに運動しても胃酸逆流は起きなかった。

百草丸の主成分はキハダ。他にゲンノショウコ、ビャクジツ、センブリなどを含む。キハダの成分のベルベリンは抗菌作用を持つので、今流行の中国の肺炎防止にも役立ちそうだ。胃内部に食物が停滞すると胃酸逆流を起こしやすい。百草丸には胃の蠕動運動を活発にする作用がある。それで、胃酸逆流が止まったのだろう。更に粘膜修復作用もあるので、逆流性食道炎が修復された、と推測している。

 今は、姿勢をよくする。前かがみで仕事をしない。内臓脂肪を減らす。ストレスをなくす。上半身を起こして寝る。それらの生活改善と、適宜、百草丸を服用することで逆流は止まっている。百草丸の成分は、昔から日常的にお茶がわりに飲まれてきた。その点も気に入っている。さらに意外だったのは、体調が良くなり、長距離歩いても疲労感がなくなったことだ。腸は脳と直結していて、連携プレイでホルモンや免疫物質を分泌している。胃腸が改善されたことで、体全般の機能が良くなったのかもしれない。

M_3_20200125003501

 富山の知人が、冬空にオリオン座を見たとメールして来た。
昔、東京ドームホテルの室内装飾用の絵を大量に受注した。その中にオリオン座があったのを思い出して、探し出した。
納期は厳しく、日に3枚は描かなければ間に合わなかったので、猛スピードで描いた。星の光芒が派手に描いてあるのは、発注主の要望によるものだ。脇の下の星が、超新星爆発を起こす寸前の赤色巨星ペテルギウス。

 最近、正直言って、韓国絡みのことは書きたくない。
しかし、目にすると書かずにはいられなくなる。週刊現代・2020年1月11日18日合併号によると、欧米マスコミや識者たちは、日韓関係とドイツ・ポーランド関係を同列に考え、ドイツが謝り続けているように、日本も韓国に謝り続けなければならい、としていた。

歴史誤認も甚だしい。ドイツはポーランドを武力侵攻して、都市を徹底的に破壊し、ゲリラを虐殺し、強制収容所を作り、戦後補償を拒否した。それをドイツ首相が謝るだけで許す寛大さがポーランド人にはある。そのようなドイツ・ポーランド関係は、日韓関係の参考にはならない。第一に西欧思想の中で育ったポーランド国民と、事大主義と日本蔑視の中で育った朝鮮民族は全く違う。日本のマスコミもリベラルも、欧米マスコミに過度に忖度しすぎる。

決定的に違うのは、日本は朝鮮に武力侵攻はしていない。李王朝がロシアの支配下に入ろうとしていたのを、欧米の要請もあり、日本は李王朝に強圧的に介入した。武力ではなく強圧的としたのは、軍事侵攻と言えるほどでのものではなかったからだ。

それまでの李王朝と両班(ヤンバン)による民衆支配は極めて過酷で、公平な司法制度を持ち込んだ日本政府を農民は大歓迎した。そのことは、昔、朝鮮日報に紹介された韓国の歴史文献で読んだ。日本を今のように憎んでいたのは、既得権益を奪われた貴族階級だ。伊東博文を暗殺した安重根は貴族である両班出身だ。伊東博文は朝鮮半島の日本統治に反対していた政治家で、暗殺は筋違いだった。

統治時代、朝鮮人差別はあったが、朝鮮国民も日本国民と同じ権利を有していた。日本は巨額投資をして、都市破壊どころかインフラを整え、学校を作り民度をあげた。それでも、戦後の歴代首相は謝り続け、莫大な補償金を支払い、戦後の韓国産業を復興育成した。今ある韓国の大企業のほとんどは、日本企業の献身的な協力があって、基礎から立ち上げることができた。その事実は、韓国の戦後世代は知らされていない。

 もっと長く統治した台湾は親日国家になったのに、南北朝鮮は反日姿勢を増大させた。欧米マスコミや識者たちはそれらの史実を無視している。外務省は国際的にしっかり広報活動をして、南北朝鮮の悪質なプロパガンダに反論すべきだ。

従軍慰安婦問題も、20万人のいたいけない少女を強制連行したとしたら、激しやすい朝鮮の男たちは黙ってはいなかったはずだ。訴訟や大暴動が起きて、死者も大量に出たはずだ。暴動を起こして弾圧されたなら、その地の石碑などに記録されて残っているはずだ。しかし、それらを示す記録はどこにも存在しない。なぜなら、暴動も抗議デモも訴訟も起きていなかったからだ。

戦後、米軍は日本軍の蛮行を暴くためとして、軍人や一般日本人は厳しく尋問されて、多くの戦犯が処刑された。しかし、慰安婦や強制徴用に関連して、日本人が罰せられた記録は米国記録のどこにも存在しない。なぜなら、そのほとんどが通常の商取引だったからだ。

実際の朝鮮人慰安婦は、貧しい親たちにより現地事情に長けた朝鮮人女衒に売られた娘たちだ。その数は3500人、どんなに多く見積もっても15000人を超えることはありえない。売られた状況は日本内地も同じで、実際の慰安婦の大部分は日本人だった。

 戦後、反戦映画がたくさん作られた。全て、戦前日本の悪行を暴くためとして、左派監督により作られた。今風に言えば、どれも強烈な反日映画だった。映画狂の私はそのほとんど全てを見ている。映画製作は戦争が終わって15年以内で、戦争の記憶が極めて鮮明に残っていた時代で嘘はつけない。それらの映画に朝鮮人慰安婦も登場していたが、日本軍人とのほのかな恋などが牧歌的に描かれていた。もし、韓国が主張するような強制連行があったら、当時の反日監督たちは必ず増幅して描いていたはずだ。

満州、朝鮮の下級官吏は朝鮮人が多くを占めていた。満州の炭鉱や建設現場では、彼らの多くが満人労働者の監督をしていた。だから終戦直後、日本の手先をして満人に酷いことをした朝鮮人下級官吏は日本人以上に憎まれ、リンチを受ける者が多く出た。

 昭和19年から20年の戦時中、建設省の技官をしていた父は、日田山中で食糧増産のための灌漑工事を指揮していた。日本人男性は兵隊にとられ、働き手の主力は朝鮮人たちだった。彼らは家族連れで山中に朝鮮人部落を作り、自分たちで自治していた。

食糧は彼らに優先的に配給され、母によると、我が家よりずっと充実していた。
私を懐妊していた母は、毎日のように部落へ遊びに行き、女同士で交流し、物々交換で砂糖、コメ、油などを手に入れていた。山中にも関わらず、彼ら独自の流通網で、鯛などの海産物も自由に手に入れることができた。
彼らは余分な地下足袋や砂糖を近隣農家のところへ持っていき、食用の牛と交換して屠殺していた。母は戦時中にもかかわらず、そのようにして肉などの食物には困らなかった。
母が健在の頃、私は朝日新聞の熱心な読者で左寄りの考えをしていた。だから、上記のような母の思い出話を全否定していた。母は正直な人だ。今は、母の言葉を信じなくて本当に申し訳なかった、と思っている。

もし強制徴用されたなら、朝鮮人労務者の部落は鉄条網で囲まれ、軍人や官警によってきびくし監視されていたはずだ。しかし、現実は上記のように牧歌的だった。日本マスコミは、巷間に大量に残されている事実をしっかりと記録すべきだ。合わせて、朝日新聞などにより、日韓関係の歴史が、どのように歪められて来たか記録すべきだ。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

 

|

« いと恥ずかしきこと。例えば、意識高い系の「スタバでMacノート」への賛否は時代で変化。令和2年1月23日 | トップページ | 美術市場低迷を加速させるものは。願わくば、最期のBGMはモーツアルトがディズニーランドのパレード曲を。新型肺炎で日本にとどまる中国観光客の思惑。令和2年1月30日 »