« 新型コロナ対策で在宅勤務。関東・東南海大地震に備え、地方での在宅勤務を普及させるべきだ。「災い転じて福となす」で地方創生・少子高齢化は一挙に解決。令和2年2月23日 | トップページ | 新型コロナウイルス総括。製薬会社は直ぐに収束するとの判断で、新薬開発の熱気が薄い。令和2年2月28日 »

2020年2月25日 (火)

わかりにくい新型コロナウイルスの検査体制について。発熱すれば休ませる原則を企業に徹底させるべきだ。令和2年2月25日

 今日、政府の新型コロナ対策が発表された。繰り返し聞いても、肝心のことが曖昧模糊として、どう理解して良いのか迷う。

◯私見だが、次のように解釈した。
 新型コロナに関しての重要指針は重症者と死者の数だ。なぜなら、無症状の陽性者を検査であぶり出したら膨大になるからだ。現在の対策では、無症状であっても陽性者は全て施設に隔離することになっている。さらに発熱などの症状がある患者は、完璧な設備が整った特殊病棟に収容される。しかし、クルーズ船の陽性者で関東地区の施設はすでに満杯になっている。

防疫では、むやみやたらに検査すれば良いものではない。どのような症状の患者を検査するか、高度な政治判断が必要となる。配慮なしに検査をして陽性者が万単位で検出されたら、隔離入院の対策を受けられない陽性者たちが一般病院に殺到し、一瞬で医療は破綻する。そして、大混雑した病院待合室でウイルスを撒き散らし、他の病気の患者たちが、診察も医療も受けられなくなる。

 ワイドショーなどでは、韓国の検査数の多さと日本の極端に少ない検査数を比較していた。
これは、韓国と日本の生活習慣の違いがあり、単純には比較できない。韓国では、入院患者を家族、親戚、知人たちがこぞって連日押しかけ、世話をする風習がある。それが新型コロナを蔓延させたと考えられている。そのように多くの濃厚接触者がいる韓国の現状では検査を増やすほかない。しかし、増大した陽性者が全て隔離されているのか疑問だ。

対して、日本は政治的配慮で検査対象を絞った。原因は先に記したように陽性者は全て隔離する、との緊急対策にある。陽性が少ない水際対策では有効だが、今は数量的に到底達成できない。
新型コロナ陽性を全て隔離したら社会は大混乱する。さらに、軽い新型コロナ患者を全て入院させたら、医療はパンクしてしまう。かと言って、陽性者を自宅にとどめ置くこともできない。そこで、高度な政治的判断がなされたと思っている。

とは言え、厚労省の説明は不十分だ。国は国民の不安を解消させるために、正直に発表すべきだった。
感染の現状は、クルーズ船を除いた日本国内の死者は2人で人口比の死者数は韓国の5,5分の1だ。ちなみに、今日現在の韓国での死者は11人。イタリアは11人。イランは15人。海外の判断では日本は危険水域にない。韓国が早くから日本旅行を制限してくれたので、日本は本当に助かった。

米国など海外メディアがクルーズ船対応を大批判していたが、乗客を止めたのは米国CDCからの依頼によるものだ。当初、米国人乗客だけ米国基地内施設に隔離する方法を提案したが拒否された。クルーズ船に検疫官が入船する前に、感染は1000人ほどに広がっていたと推測されている。その陽性者全てを隔離する施設はどこにもなく、乗員乗客全てを船内に隔離したのは、致し方ない措置であった。その点は米国CDCもよく理解している。今回のクルーズ船対応での問題点は、厚労省が正直に実情を公表しなかったことにある。

◯話を本筋の新型コロナウイルスに戻す。
 病気の診断方法の一つに、様々な薬を試して、効くか効かないかで病名を見つける方法がある。新型コロナがそうで、長引く風邪や軽い肺炎患者に抗生剤など処方して、効かなければ新型コロナを疑い検査する。新型コロナに効く薬が見つかっていない現状では、そのような消極的な方法にも医学的合理性がある。

 普通の風邪ウイルス感染は上気道で止まる。しかし、新型コロナウイルスは上気道から一気に肺まで感染させるから怖い。ただし、子供や若者や体力のある人は肺炎を起こしても軽微ですみ、そのまま快癒する。対して、持病のある人や高齢者は死に至ることが多く、とても危険だ。

以上の理由で、現場の医師に軽微な患者と重症化しやすい患者の振り分けを任せたのは致し方ない。テレビで、検査を拒否された風邪の患者が、たらい回しされた理不尽さを切々と訴えていた。しかし、その人の訴えを聞いている限り、ただの風邪の印象が強かった。そのように、不安にかられ、過剰に反応する気持ちはよく理解できるが、冷静に心配してほしい。

今は日本人一人ー人の民度が試されている。風邪くらいならがんばって自力で治してほしい。昔はインフルエンザの治療方法はなく、ただ、自宅で安静に寝ているしかなかった。それでも誰もパニックにならなかった。個人の新型コロナ対策は、人混みを避け、栄養と睡眠と体力維持に努め、できる限り軽症感染で済ませる心の強さが必要だ。

 中国でエアロゾル感染が報告されていた。これは密室で吸引などの排気によって起こる特殊な環境で起きたことだ。
ある日本人研究者の報告だが、空気中に飛び散った裸の新型コロナウイルスを採集してみると、本体表面の突起がほとんど壊れていて感染力を失っていた。しかし、咳やくしゃみの飛沫として飛び散った唾液や粘液に包まれた新型コロナウイルスの群れは、2〜3日は感染力を保つ。逆に言うと、外へ出て2,3日過ぎたコロナウイルスのほとんどは活性を失う。韓国で街を消毒していたが、あれはただのパフォーマンスに過ぎない。

マスクの効果は、すぐ近くの患者が放った唾液や粘液に包まれたコロナウイルスの群れは防げる。しかし、前記のような特殊な環境で一個一個バラバラになったコロナウイルスは小さ過ぎて素通りする。空気中を裸で漂ったウイルスは活性を失っているので、マスクでの感染予防効果は少しはあるかもしれない。

 今回の流行で、高温高湿の東南アジアなどでは衛生状態が悪いのに蔓延していない。その中で、突出してシンガポールの感染者が多いのは、中国系であることと、冷房をガンガン効かせた密室で生活しているからだ。そのような理由で、新型コロナウイルスは、暖かく湿潤になるにつれ、活性を失って沈静化すると専門家たちは期待している。

今は、熱があったら休ませる社会の合意が必須だ。SNSでの書き込みに、この期に及んで「熱ぐらいで休むな」と出社を強要する企業が多くある。今こそ安倍政権は強権を発動して、発熱者は休ませる原則を、企業に徹底させてほしい。繰り返すが、新型コロナが特別に怖いわけではない。それによる内外からの風評被害が怖いのである。

 今日外出するとマスク姿が7,8割に増えていて、なんとなく同調圧力の視線を感じた。困ったことに、花粉症で鼻水とくしゃみが止まらないのに、マスクは店頭から払底している。仕方がないので、大判のタオルハンカチを数枚リュックに入れて歩いた。それをたたんで口元を覆う方が、下手なマスクよりずっと効果的だ。そうすることで、同調圧力もかわすこともできる。

朗報もある。日本に大量備蓄されている製品名アビガンを新型コロナに試験的に使うことが安倍総理の判断で承認された。
アビガン=ファビピラビル は、富山大学医学部の白木公康教授と富山化学工業が共同研究で開発した、RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤。よくわからないが、新型コロナへの有効性が期待される。ただし妊婦には使えない。

 余談だが、東京オリンピック中止をIOC首脳が発言した。
韓国は新型コロナ蔓延で失意に包まれていたが、東京オリンピック中止かも、のニュースは暗い空気を吹き飛ばす朗報になったようだ。韓国の主要メディアは全て、はしゃいで伝えていた。

M_1_20200225175501

「みんな、ボクに期待し過ぎだよ。早く、育児休暇が来ないかな・・♡♡♡」

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 新型コロナ対策で在宅勤務。関東・東南海大地震に備え、地方での在宅勤務を普及させるべきだ。「災い転じて福となす」で地方創生・少子高齢化は一挙に解決。令和2年2月23日 | トップページ | 新型コロナウイルス総括。製薬会社は直ぐに収束するとの判断で、新薬開発の熱気が薄い。令和2年2月28日 »