« わかりにくい新型コロナウイルスの検査体制について。発熱すれば休ませる原則を企業に徹底させるべきだ。令和2年2月25日 | トップページ | 疫病のことを忘れるように映画全盛期の黒澤・溝口監督作品を続けて見た。日本映画は素晴らしい。日米の新型コロナ対策と韓国対策の違い。令和2年3月8日 »

2020年2月28日 (金)

新型コロナウイルス総括。製薬会社は直ぐに収束するとの判断で、新薬開発の熱気が薄い。令和2年2月28日

 安倍総理が学校休校を指示したことを、決定が早急すぎるとマスコミが騒いでいた。彼らは、対処が遅ければ「遅い、遅すぎる」と騒ぐ。騒いでいる識者の多くがリベラル左翼だ。彼らは何を言いたいのか、日本人を守りたいのかどうでも良いのか、常識では理解できない人たちだ。

 地方自治体の長の受け止め方も様々だ。両親共働きの家庭の子供は休校しても、学校で引き受けよう、と前向きに検討している地方もあれば、「こんな無茶なことをいきなり言われても受け入れられない」と猛然と噛みついている大村愛知県知事などもいる。彼は「言論の不自由展」でいちゃもんをつけられ「江戸の仇を長崎で討つ」とばかりに、猛然と政府に噛みついていた。彼は県民の健康より私怨が優先するようだ。
危機では、何もかも政府に責任を丸投げするのではなく、現地をよく知っている地方自治体自身が、適切に対応細目を決めるべきだ。ちなみに、学校休校は疫学的に有効とされている。理由は、子供の感染は軽くても、ウイルスを撒き散らす役割をするので、休校の効果はあるとあった。

 最近の中国マスコミ報道はひどい。コロナを発生させて拡散させ、散々、他国に迷惑をかけながら「日本のコロナ対応は実にいい加減だ」と上から目線で叱責していた。実にムカつく姿勢だ。まず謝ってから、丁寧に助言するのが礼儀だろう。しかも、日本には中国人を受け入れさせといて、今になって、北京などは日本人入国を事実上拒否している。これもまた実に失礼な言いようだ。

最近はコロナを広げたのは日本で、発生源も日本だ、と言った中国発フェイク記事を散見する。
男女関係で、女が男から悪い病気をうつされて困っていると、「あいつに病気をうつされた」と、うつした男が世間で騒いでいる図と同じだ。いつの間にか、コロナの犯人を日本に転嫁しようとする意図が見え見えで気分が悪い。

 ここのところ忘れられた舛添氏とか菅氏などが息を吹き返し、マスコミに呼ばれて政府の不手際だと騒いでいる。
力がなくなった政治家ほど、無責任に勝手なことばかり言う。
「知るものは言わず。言うものは知らず」老子
彼らは是非、この言葉をかみしめてほしい。

 最近、やっとコロナ騒ぎの全容が見え始めた。日本の失敗は、去年秋に中国からコロナウイルス発生が漏れ出た頃から、厚労省は準備検討を始めるべきなのに、遅れに遅れてしまった。その初動の遅れが、クルーズ船対応失敗に繋がった。厚労省広報の秘密主義は、国民に何か隠して嘘をついていると思われてしまい、逆に不安感を広げ、大失敗だった。加藤厚労省大臣の無能ぶりには、呆れ果てて論評する気になれない。

中国に与野党が忖度し過ぎたのも失敗だ。与野党を動かした一つに観光業者もいる。日本は災害列島だ。コロナぐらいで右往左往していたら、生きていけないことを国民はよく知っている。中国へ頼る危なさを教訓にして、中国依存比率を減らすべきだ。与党の稚拙さには呆れているが、野党はそれ以上に無能さをさらけ出した。文句は言うが、内容は場当たり的で破綻している。

 私見だが、コロナは世界が震え上がるほど怖いウイルスではない。この判断は、経済の流れを見ていると分かる。人の流れが止まった結果、経済は失速し始めた。世界中で起きているコロナ・パニックここ1ケ月くらいが山で、その後は「以外に大したことない」と沈静化する。それは、製薬会社の動きで分かる。本当のところ製薬会社は新型コロナの治療薬・ワクチン開発に熱心ではない。理由は簡単で、コロナは直ぐに収まるので儲けの旨味がないからだ。だから流行は早めに収束すると思っている。

 今回の騒ぎで不思議なのは、武漢在住のインド人がほとんど感染していないことだ。赤羽在住のインド人パキスタン人たちで、マスクをしている人を見かけたことがない。彼らは、特異な耐性を持っているのかもしれない。
私は3月4月と暖かくなって行けば沈静化すると思っている。しかし、オリンピックは海外の雰囲気が大きく影響するので、非常に不明確だ。個人的には、中止になっても、延期になっても、無観客試合になっても、さほど気にしていない。

M_1_20200228121001

「エボラさんとか、はしかさんとたちと比べたら、ボクたちはひ弱だよ」・・・コロナ砲

 28日は睡眠導入剤レンドルミンをもらいに内科医院へ行った。
金曜は混んでいるのに、待合室に誰もいない。「病院へ行くな」とのアナウンス効果だろう。日本は世界一病院受診が安くて簡単な医療先進国だ。そのおかげで老人が社交場代わりに病院へ行くので、混雑の原因になっている。
診てくれたベテラン医師は「時節柄、しばらく受診しないでいいように、1日2錠を1ケ月分処方しておきます」と実質2ケ月分を処方してくれた。私は1回に半錠しか服用しないので、これで3,4ケ月は大丈夫だ。

 29日土曜は絵の納品に池袋へ出かけた。このところのコロナ騒ぎで閑散としていると思っていたら、いつもの土曜と変わらない賑わいだった。待ち合わせた喫茶店も満席だった。先に行って待っていたお客さんが「申し訳ありませんが、利用は2時間とお願いしているのですが、それでよろしかったら」と言われたと話していた。多分、長時間利用は抑えるように、との役所からの通達があったのだろう。いつもは非喫煙席を使うが、仕方がなく喫煙席を使った。

 コロナ騒ぎは、消費税増額によって落ち込んだ経済を更に落ち込ませている。それは三陸大地震後の落ち込みを大きく上回る。経済の浮き沈みに影響される仕事なので不安はある。

 米国に、中国だけでなく日本・韓国からの入国禁止の動きがある。しかし、米国のCDCが本気で調べたらとんでもない感染者数が出そうだ。それはヨーロッパも同じだ。今はイタリアばかりが槍玉に上がっているが、隣国のドイツ、スイス、フランスもかなり危ない。
繰り返すが、時間が過ぎれば挿絵のように、ただの風邪に落ち着くはずだ。普通の風邪から肺炎を起こして、亡くなる方は膨大にいるのに、誰も気にしない。コロナ対応も、やがて慣れる。

M_3_20200228192501

 東京北医療センターの庭に白モクレンが咲いた。
コブシと白モクレンは似ていて違いの判別に悩む人が多い。
それについて以前、コブシと白モクレンの違いをブログに詳細に記入した。
興味がある方はクリックして参照してください。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« わかりにくい新型コロナウイルスの検査体制について。発熱すれば休ませる原則を企業に徹底させるべきだ。令和2年2月25日 | トップページ | 疫病のことを忘れるように映画全盛期の黒澤・溝口監督作品を続けて見た。日本映画は素晴らしい。日米の新型コロナ対策と韓国対策の違い。令和2年3月8日 »