« 明けましておめでとうございます。令和3年1月1日 | トップページ | 年々憂いを増して行く正月に、猫や秋田犬の仔犬たちの動画に癒されていた。令和3年1月10日 »

2021年1月 5日 (火)

完璧簡単な新型コロナ予防方法。ゾクッと来たら葛根湯を飲み早寝して、1日で完治させることだ。令和3年1月5日

1月7日追加記入。
緊急事態宣言の7日に合わせるように、東京のコロナ陽性者が2500人近くに激増した。去年も、オリンピック延期の日にコロナ陽性者が激増した。検査数を増やせば、東京都で日に10万以上の陽性者を出すことだって可能だ。現在の検体増幅回数Ct値40〜50を台湾並みにCt値30に減らせば、陽性者は激減する。ウイルス学者によると、Ct値40〜50ではウイルスの断片や土着型コロナまで検出して判定は不正確だ。始め怖がらせておけば、あとの成果が出しやすい、との腹づもりなのか。激増した陽性者数に政治的意図を感じてならない。

ドイツでは、メルケル政権が国民の危機意識を高めようと異常に恐怖を煽っていたことが暴露された。共産主義体制で育ったメルケルならそのようなプロパガンダは得意だろう。同様に、日本の対策にも恐怖を煽る意図が明らかにある。なぜなら、重症者数と実効再生算数がNHKが言っているほどに連動していない。例えば11月の実効再生算数は1.4ほどに高まっていたが1月7日は1.18と下がっている。重症者数は11月に34人達していたのに1月7日は30人だ。死亡数については、例年、冬は血管系の死亡率が高まる。今の制度では、陽性者がどのような疾患で亡くなってもコロナ死に加算され大きな数値になる。それでも全体的な激増はない。
去年はGo To トラベル。新年は飲食業。マスコミの大合唱に押されるように槍玉にあげて、叩き潰そうとしている。そこに科学的裏付けはない。まるで中世の魔女狩りみたいだ。

医療逼迫についても、対策を練るための時間は1年間あった。その間、政府や都は何をしていたのだろうか。コロナウイルスは消失させることはできない。人DNAの50%はウイルス由来と言われている。我々の細胞はそのようにウイルスとの親和性が良い。親和性が良いことはウイルスが人細胞に艤装しやすいことだ。その関係はがん細胞と抗がん剤に似ている。だから、ウイルスをやつけるはずの抗体が、自分の正常組織を誤って攻撃し、サイトカインストームを起こす。人とウイルスは共存するほかない。ただ遠ざけるだけでは、免疫システムが手にした新型コロナウイルスの記憶はすぐに薄れ、永久に共存できなくなる。

本題に戻す。
毎日3〜4時間、マスクをして散歩をしている。
大部分は緑豊かで静かなコースだが、小一時間は赤羽の繁華街で過ごす。
時たま、池袋や銀座などに出かけることもある。
その間、人との会話はまったくない。
コロナ禍の1年、欧米の大都市のように、大騒ぎをして新型コロナ感染を拡大させている人たちを目撃したことがない。それどころか、知人の中で、職場や身内に陽性者が出た人もいない。多くの都民のコロナ対策と感覚は私に近いだろう。
だから、緊急事態宣言と言われても「これ以上どうしろと言うのか」と思ってしまう。同時に「風邪を引いたのは政府の責任」との"街の声"にもうんざりする。

経済の落ち込みもひどい。男だけでなく仕事をなくした女性たちが路上に迷い始めている。中には、新型コロナを発症して暖かい病院かホテルに収容される方がマシだと思う者がいるくらいだ。
日本のコロナ禍の主因は医療体制の不備だ。ベット数、医師と看護師の絶対数は十分にある。問題は厚労省の機能不全と特措法にあり、その修正には時間がかかる。この状況では公に頼れない。
我が身は自分で守るしかない。

現在の発熱外来での陽性率は15〜20%ほどだ。新型コロナウイルスがそこら中にいる環境では、発熱して来院した人たちに、そのくらいの陽性者がいても不思議ではない。
ウイルス学者によると、コロナウイルスは数百個以上を体内に入れないと感染しない。感染力を持っている陽性者がマスクなしでくしゃみを1回したら4万個ほど、5分間会話したら3千個ほどのコロナウイルスが空中に放出される。その濃密な環境でマスクなしで談笑すれば、相当量が体内に取り込まれて感染する。しかし換気が良く、50%以上に湿度が保たれているなら、鼻腔や気管の細毛が正常に働き、ウイルスは排除され感染しにくい。

感染力が強く、毒性も強いウイルスは少ない。例えばノロウイルスはごく少量の10~100個でも感染するほど感染力は強いが毒性は弱く、若者ならほとんど無症状だ。麻疹ウイルスは感染力が強く、すれ違っただけで感染し90%は発症する。それらと比べると、感染力が強くなった新型コロナ変異型でも大したことはない。

インフルエンザウイルスは鼻と喉に最初に取り付く。対して、新型コロナは喉鼻を通り越し、一気に肺胞に達して感染する。
インフルエンザの症状は感染から1〜4日後と、早くから出る。対して新型コロナは、平均5日後、概ね、2日〜14日の間に症状が出る。
インフルエンザは感染してから数日で、発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛、倦怠感が一気に出る。その後は時間の経過とともに回復する。対して新型コロナは最初は無症状か軽症が多く、味覚や嗅覚が失われてから気付く人もいれば、先に熱や咳が出て気づく人もいる。概ね、新型コロナの症状は徐々に現れ、初めは軽度でも、1週間以上過ぎてから一気に重症化したりする。そのように不規則なので、発症の経緯予測は難しい。

米疾病対策センター(CDC)によると、新型コロナとインフルエンザの共通の症状として、発熱、悪寒、咳、息切れ、呼吸困難、倦怠感、喉の痛み、鼻水・鼻づまり、筋肉痛、体の痛み、頭痛、嘔吐、下痢などがある。対して、新型コロナ特有の症状は、流涙症、結膜浮腫、結膜充血などの眼の症状。皮膚症状では発疹。特殊な例として、4時間以上の勃起継続などがある。
重症化して酸素吸入が必要になる人はCDCによると欧米では約15%。人工呼吸器(エクモ)を必要とする重篤な人は約5%。欧米での感染者数に対する死亡率は3〜4%でインフルエンザの0.1%を大きく上回る。ただし、日本を含む東アジアでの重症化率と死亡率は欧米の10分の1以下だ。

殆どの感染では、自然免疫によって侵入した細菌やウイルスは貪食細胞に飲み込まれ消化される。
自然免疫が突破されると、獲得免疫によってより強力な抗体が放出され、侵入者は撃退される。抗体は強力だが、時には敵だけでなく、大切な味方の正常組織を攻撃してしまうことがある。新型コロナではそのようなサイトカインストームを起こしやすく、それが原因で亡くなったり、重い後遺症を残したりする。この仕組みと対策はよく分かっていない。だから、獲得免疫以前に、自然免疫で新型コロナウイルスをやつけてしまうのが理想的だ。
免疫は複雑だ。外出を自粛しすぎて、ウイルス暴露が減れば、せっかく身についた獲得免疫が弱まったりする。ワクチンを打っても、ADE=抗体依存性感染増強によってウイルス感染が強まることもある。近代医療に任せっきりにせず、昔ながらの方法で、早め早めに自己防衛することが大切になる。

「今年はすでに3度ほど新型コロナにかかったかもしれない」と私は人に話す。すると皆驚いて身構える。身構えるのは、朝から晩まで、マスコミから恐怖を煽られているからだ。今年はインフルエンザが激減している。だから、ただの風邪でも新型コロナとして対応している。
新型コロナもインフルエンザも、初期対策はほぼ同じだ。
殆どの人は風邪の初期症状を経験的によく知っている。私の経験でも、初期症状全く無しで、いきなり発熱することはまったくない。初期症状がなかったと思い込んでいる人も、丁寧に自分の体調を観察すれば、様々な異変を見つけられるはずだ。初期症状は千差万別で、私の場合はまず喉が痛くなり、くしゃみと鼻水が出る。体の節々が痛んだり、なんとなく気だるいこともある。それらの初期症状を感じたら、躊躇なく葛根湯を飲んで早寝する。葛根湯には弱い抗ウイルス作用があるので、感染初期に服用するととてもよく効く。そうやって風邪の初期症状を1日で一気に治せば、新型コロナを防止できた上に免疫が獲得できる。

上記のようにゾクッと風邪の前駆症状を感じたら、大袈裟なくらい慎重に対応すべきだ。そうすれば、高齢者や重い基礎疾患の持ち主でない限り、新型コロナ感染を初期段階で抑え込むことができる。ただし、1日で軽快しても、その後数日は慎重に生活すべきだ。もし、2日、3日、1週間と不調が続けば、いつの間にかPCR検査が必要な局面に入り、大変に厄介なことになる。

新型コロナの嫌な点は、特措法によって陽性化すると2週間、独房生活を強いられることだ。それだけではない。自分に関わった人全てが調べられ、陽性と判明して失業する人、高齢者なら死に至る人と、自分だけの問題では済まなくなる。地方なら、陽性者は厳しいコロナ差別を受ける。地方の小さな個人スーパーなどでは、陽性者が従業員から出たら倒産する。

1日で制圧できるように自然免疫を強くするには、日頃の食事と運動とストレス軽減が重要だ。
自然免疫を強くする食物に次のものがある。
生姜、ニンニク、玉ねぎ、キノコ、納豆などの発酵食品、ビタミンDや亜鉛を含む食品、これはサプリメントでの摂取の方が簡単だ。
加えて、運動などによる心身の強化が大切だ。入浴や日光浴で体温を上げ、横になると血液のめぐりが良くなり、自然免疫が強化される。さらに部屋の湿度を40〜60%に保って、気道や鼻腔の線毛の働きを正常に保てば、ウイルスの侵入を防ぐことができる。

M_1_20210105221501

散歩前に仕事部屋で自撮り。
布巾や手袋が部屋干してあるのは湿度調整のため。
奥の明るい窓を開けると、荒川河川敷が広がる。
この辺りは空が広い。

M_3_20210105011101

散歩コースの公園。
いつも静かだ。

M_2_20210105011101

散歩帰りの黄昏の荒川。
川向こうは、川口の高層マンション群。

S_2

黄昏の荒川河川敷で自撮り。

M_4_20210105011101

3日に「来年の年賀状は寅の絵だ」と思った。
かぐや姫が逃げて行くのは、虎、竹、かぐや姫との連想によるものだ。
深い意味はない。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 明けましておめでとうございます。令和3年1月1日 | トップページ | 年々憂いを増して行く正月に、猫や秋田犬の仔犬たちの動画に癒されていた。令和3年1月10日 »