« 映像の世紀「テレサ・テン」は失敗。現代日本は全国民が心地よさを追求した結果生まれた。2022年5月31日 | トップページ | 映像の世紀・キューバ危機は当時の緊迫感が胸に迫った。梅雨明けに、丸の内で四川料理をご馳走になった。2022年6月29日 »

2022年6月10日 (金)

孤独死は年々若くなって行く。私のコロナ後も大きく変化した。2022年6月10日

傍のテレビで「若い孤独死」を取り上げていた。
最初はワンルームマンションでの孤独死。1ケ月を経て発見されたのは43歳男性。大手企業・系列会社勤めで生活は安定していた。住まいに勤め先の同僚が訪ねてくることはなかったが、外見は爽やかで社交性もあったようだ。
筋トレ用の台とダンベルと筋トレ専門誌が残されていた。台所の酒の空き缶は、離婚して2年の孤独感のせいだろう。一人暮らし男性の典型的な部屋で、後ろ向きの生活は感じなかった。死因は心不全による突然死。血圧計が残されているので、本人は健康の危うさを自覚していたようだ。

後片付けの特殊作業現場を父親が訪ねた。
「実家には月に一度は帰っていた。ただ、3月からは帰っていない。大人なので、用事があるのだろうと気にはしていなかった」父親は訥々と話していた。突然に息子をなくした母親の悲しみは深く、今も立ち直れずにいる。辛くて、どうしても部屋に入れなかった父親は、作業員から遺品の入った段ボールを寂しそうに受け取り車に積んでいた。

アパートの孤独死は、家主は大きな負担になる。だから、70歳を越した老人に部屋を貸してくれる家主はほとんどいない。
しかし、老人の見守りシステムは行き届いている。世間で思われているほど、死後数ヶ月後に発見といった例は少ない。最近は50歳以下の孤独死が4割を占めるようになった。路上生活者の孤独死はすぐに発見されるので、後片付けは簡単だ。比べて、密閉された集合住宅などでの若い孤独死は、発見が遅れがちで、後片付けの特殊作業を必要として厄介だ。

学習塾を経営している一人暮らしの知人は「子供たちに見守りを頼んでいる」と話していた。
「毎日、誰かが訪ねて声をかけて欲しい。もし返答がなかったら、警察に知らせてくれ」
子供たちに頼むと「毎日寄ってみる」と見守りを快諾してくれた。
今時の子供たちは、意外に優しい。

年を重ねるにつれ、縁もゆかりもない人の死に対して、哀悼の意を表するようになった。
5月1日は祖母、6月1日は父、7月1日は母と命日が続く。このシーズンは殊に、死に敏感だ。先日、ソニー会長だった出井伸之氏が84歳で亡くなった。ホームレスでも家族に恵まれていても、貴賎に関係なく死は極めて平等に訪れる。世界一の財力のイーロン・マスクでも、死からは逃れられない。この世で、死神以上に平等な存在はない。

私が絵描きに転向したために、母は豊かな老後とは縁遠かったが、孤独死はしなかった。最後の時、母の胸に耳を当て、心音が止まるのを聞いていた。ドラマでの人の死では、ディスプレーの心電図波形が乱れ、横一直線に変わる。私はそれを聴覚でリアルに感じることができた。母は権力者でも味わえない、本当の家族の看取りの中で旅立った。人の死ほど荘厳なものはない。まして、母親の死だ。心臓が止まる瞬間を聞くことができたのは、とても稀な幸せだと思っている。

M_3_20220610160101
先の日曜、友人と皇居前和田蔵門のスターバックスへ行った。
満員だったので、空きがでるまで噴水前に腰掛けて過ごした。とても気持ちの良い贅沢な公園で噴水前で休んでいる人は多い。並木の向こうには皇居の森と白壁の城郭が見えた。右隣では年配の白人女性が一人で幸せそうにコーヒーを飲んでいた。飲み終えると再度、店内に入り、コーヒーを買ってきた。そして目を細め、美味しそうに飲んでいた。

大安なのに、公園でのウエディングドレス撮影は1組だけだった。時間が早く「宴もたけなわ」で、少なかったのだろう。
友人とは去年の初冬に会って以来だ。コロナのおかげで、付き合いが大激減した。みんな年寄りなので、これからは年々寂しくなって行くばかりだ。

夕暮れが近づくと店内は急速に空いて来た。外は心地よかったが、店に入りコーヒーと抹茶ケーキを頼んだ。大豆由来の抹茶クリームは不味かった。その後、御徒町へ移動して、久しぶりにトンカツ屋に入った。カウンター席の仕切りアクリル板で、友人と話す声が遮られ煩わしい。トンカツは美味かったが、食べ終えるとすぐに店を出た。仕切り板は一人客には好評かもしれない。
上野駅へ向かう道筋、突然、路傍から津軽三味線の力強い音が聞こえた。友人と共に、ドラマチックな現実だと思った。コロナが終焉した東京は、実に楽しく面白い。

テレワーク普及で、米国では首切りが容易になったようだ。ドライな雇用関係の米国でも、毎日顔を合わせている相手の首切りは嫌なようだ。
コロナ禍により通販は大盛況だ。小物の買い物は通販の方が電車賃不要で経済的だ。その一方、リアルな買い物も見直されている。やはり、商品棚のあいだをぶらついて、衝動買いするのは楽しい。合理性をとことん突き詰めて行くと、人間自体が無駄となる矛盾がある。

M_4_20220610160101
土手の草刈りが終わったが、舗道脇の芙蓉は残された。

M_1_20220610160101
居残りの夫婦鴨。人に慣れていて、すぐ脇を人が通っても逃げない。真夏の猛暑をしのげるか、心配だ。

ウクライナ戦争は憂鬱だ。
「もっと戦え」とか「早く降伏しろ」とか、傍観者は勝手なことばかり言っている。しかし、戦争に蹂躙されている人たちはとても辛いだろう。私の希望的な予測では、さほど長引かないと思っている。少なくとも夏には終結するかもしれない。理由はウクライナ・ロシア両国民に強い厭戦気分が流れ始めているからだ。両国とも北朝鮮ほどの強権独裁国家ではない。民意の突き上げの影響を無視できないはずだ。

M_2_20220610160101
荒川の朝焼け。
最近、朝まで仕事をしていることが増えた。
体に良くないことはよくわかっているが、夜の方が集中できる。

ネットで日の丸のデザイン価値を取り上げていた。
明治初期の頃、欧州から今の価格200億ほどで日の丸のデザインを売ってくれとの話があった。日本は売らなくて本当に良かった。こんなにシンプルで優れたデザインは他にない。国旗のデザインは早い者勝ちで、新興国はどこでもデザインに苦労している。日章旗の代わりになりそうなデザインを考えてみたが、まったく思いつかなかった。
ちなみに、国旗のデザインに順位をつけると、トップグループは日本、米国、英国だろう。フランス国旗も良いが、似たデザインで色違いが多すぎる。

散歩道に住む知人は祝日には玄関に国旗を立てる。思いがけなく目に入る日の丸はとても新鮮で美しい。私が上京した昭和30年代後半でも、どの家にも旗を支えるための金具が付いていて、多くの家で日章旗を掲げていた。
我が家のタンスにも日章旗と金の玉がしまってあった。軒下には段々に黒く塗られた旗竿が置いてあった。

日章旗は実に清々しく力強く、海外の人たちもそう思っているようだ。旭日旗になるとさらに力強くて、内外で根強い人気がある。
旭日旗に対する隣国の反応は、とても面白い。何しろ、公園の放射状の歩道に対してイチャモンをつけるほどのお国柄だ。先日は隣国商品のイラスト背景に、極めて薄く放射状模様があったために、反日狂信者たちからの厳しい攻撃を受けた。これでは隣国デザイナーたちは大変だ。うっかり放射状の線などを描いてしまったら、仕事を失うことになる。

隣国での日本語由来の言葉狩りも面白い。もし徹底して排除したら、大人の会話は不可能になる。大統領も、政治家も、企業家も、裁判官も、幼児語で話すようになってしまう。そうなってしまった隣国をぜひ見てみたい。

M_7_20220610160101
夕暮れの病院庭。
このところの涼しさで、山桃が熟すのが大きく遅れている。
山桃を見にきたカラスたちは、がっかりして飛び去って行った。

Appleは以前から、使いやすさのために64ビットアプリへの移行を呼びかけて来た。私が新Macに買い替えしない理由は、AppleがインテルCPU採用をやめ、2020年秋から自社開発のM1チップを使い始めたからだ。M1チップはAdobe社のホトショップなどに完全対応していない。買い替えは、初期不良が出尽くすまで控えるのが得策だ。

必要に迫られて、MacOS10.14 MojaveをOS10.15 Catalinaにバージョンアップした。
Catalinaは大容量ファイルがフリーズしがちだ。それは動画クリエーターには大問題だろう。Bluetoothが接続不安定な点は、使わないのでよく分からない。

問題の原因は、Catalinaが64ビット対応になったからだ。その結果、32ビット対応アプリが動作しなくなった。そのため、EPSON・スキャナーとプリンターが作動しなくなった。公式HPから対応ソフトをダウンロードしたが、不具合は解決していない。殊にホトショップ画像のプリントはほとんどできない。
ホトショップ画像の保存時の名称記入も不安定だ。仮名と英数字の切り替えがうまくいかない。他にも文書の保存がスムースにできないなど問題はてんこ盛りだ。おかげで対応に忙殺され、睡眠不足になってしまった。

バージョンアップでの改良点は遊びの要素が増えたことだ。私のPCは仕事用なので、その恩恵はほとんどない。Appleなど海外企業は、とりあえず新しいことをして、問題が出たら徐々に改善する方針で急成長した。日本企業は徹底的に作り上げて発表するので、ガラパゴス化して停滞していると揶揄されている。両者には一長一短がある。どちらか一方ではなく、調和するのが良い世界だと思っている。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 映像の世紀「テレサ・テン」は失敗。現代日本は全国民が心地よさを追求した結果生まれた。2022年5月31日 | トップページ | 映像の世紀・キューバ危機は当時の緊迫感が胸に迫った。梅雨明けに、丸の内で四川料理をご馳走になった。2022年6月29日 »