« 安倍元総理銃撃・暗殺の背景。2022年7月9日 | トップページ | 旧友がコロナ感染した。電子図書絵本「おじいちゃんのバス停」を出版した。2022年7月25日 »

2022年7月18日 (月)

緊急・今話題の朝日川柳は密かな安倍元総理追悼の賛辞だった。2022年7月18日

今、この七つの川柳が政治的に利用されていることを憂えている。
ひねりも何もない駄作揃いと言う人が多いが、深い意味が隠された秀作揃いと私は思っている。
そこで、西木空人さんがなぜこの川柳を選んだか、私なりに推察してみた。

"疑惑あった人が国葬そんな国"

---「法は安倍元総理を無罪とした。国葬にしたのは、その証だ」
作者の真意はそこにある。
「日本は法治国家だ。法の裁きが気にいらないからと、暗殺犯無罪放免の署名運動をする風潮はいかがなものか。
法によって裁かれた結果は、粛々と受け入れるべきだ」
作者はそのように言いたかったのだろう。
これは安倍元総理を弁護賛美し、森加計桜をいつまでも蒸し返す風潮を批判している川柳だ、と思っている。

"利用され迷惑している「民主主義」"
"ああ怖いこうして歴史は作られる" 

---この二句に隠された主語を「朝日」とすると理解しやすい。
残念ながら、朝日は民主主義を悪用し、日本の歴史を歪めてしまった。
それを見抜いた選者の慧眼は素晴らしい。
西木空人さんは朝日の方だが、自社に反旗を翻す大変に気骨のある方だ。
心底感服している。

"死してなお税金使う野辺送り"

---素直に「安倍元総理は日本国に大功績のあった方だから税金で野辺送りする」との意味。

⭐︎"忖度はどこまで続く あの世まで"

---この川柳は秀逸だ。
星をつけられた選者・西木空人さんに高い見識を感じる。
「暗殺現場には今も、安倍元総理を悼む献花の列があの世まで長く長く続いている」との大賛辞だ。
「言葉は風波なり」言葉の意味は時代によって変化する。
「忖度」は人の気持ちを推しはかるとの意味だったのに、今は邪悪に満ちている。
本来の意味に戻り「安倍元総理の気持ちにより添う」との意味で、「忖度」を作者は使われたと思っている。

"国葬って国がお仕舞いっていうことか"

---「国葬にするのは、国民がこのようなテロは終わりにしようと思っているから」との深い意味が隠されている。

"動機聞きゃテロじゃ無かったらしいです"

---「正しい動機があれば、暗殺もテロも殺人も自由とは、本当に恐ろしいことだ」
これは作者が、無法国家を深く憂えている素晴らしい川柳だ。
私が選者なら、この句にも星をつける。

朝日川柳 西木空人・選 22・7・16

以上の解釈に、反発するも賛同するも言論の自由だ。
川柳は江戸文化が生んだ言葉遊びの粋だ。
戯言に堅苦しく反論するのは野暮の骨頂。
柔らかく言葉遊びで返すのが川柳本来の姿だ。
それぞれが肩肘張らず、様々に楽しめばいいだけのことだ。

M_1_20220719002001

|

« 安倍元総理銃撃・暗殺の背景。2022年7月9日 | トップページ | 旧友がコロナ感染した。電子図書絵本「おじいちゃんのバス停」を出版した。2022年7月25日 »