« 立秋過ぎてツクツクホーシ。東中野でシュールストレミング試食イベント。鉱石ラジオ世代と東久留米FM局。2022年8月11日 | トップページ | 「比較することで不幸になる」荘子。私は母方からアウトサイダーの気質を受け継いだ。2022年8月18日 »

2022年8月15日 (月)

お盆には様々なことを思い出す。2022年8月15日

11日は雲が広く抜けて、満月が見えた。
台風の前触れの涼しい風が夏の草原を吹き渡り、葉擦れがザワザワと心地よかった。
人工の光が一切ない広大な荒川河川敷を、月の光が煌々と照らしていた。その黒々とした木々を眺めていると五感が研ぎ澄まされ、体に野生が満ちてくるような気がする。

14日日曜、台風が過ぎて、蒸し暑さがもどった。
土手道には精霊トンボが舞っていた。
まだ風は強い。土手道には涼を求める人並みが続いていた。いつもなら、我が家から関東各地の花火大会が見えるのだが、今年も中止らしく、一度も見ていない。遠く風に乗って聞こえていた盆踊りの音頭も、久しく聞いていない。

公団に住んでいた20年前、おばあさんが非常用の外階段の踊り場で迎え火を焚いていたことを思い出した。
「すみません。すぐに消しますから」
水をかけようとした彼女を慌てて制止した。
「三年前に逝った夫を迎えたいのだけど、迎え火を焚く場所がなくて」
彼女は訥々と話した。
当時、80歳くらいだったから、すでに亡くなっているだろう。

夕刻、帰宅してシャワーを浴び終えると、九州から果物を送ってきた。
仏壇に供えると色とりどりに華やかになった。
二年前に小さな岐阜提灯を買ったことを思い出した。
慌てて仏壇の前に飾り、明かりを点けると、桔梗の花模様が清楚に浮かび上がった。十万億土から帰ってきた祖先たちと、再会できたような安らぎを感じた。

最近寝る前に、12年前のNHK制作・変な女子大学生・野田さんを描くショートコメディ「野田と申します」を観ている。短い一話完結なので、寝る前に見るのにちょうどいい。
面白いのは、登場する学生たち全員がガラケイを使っていることだ。電波容量が小さい時代だ。ガラケーが画像を読み込むシーンでは、受信進捗バーがでて、小さなデーターでも10秒はかかる。だから、その頃は画像読み込みがストレスになっていた。4Gの今から見ると、原始的なほどの遅さだ。

20世紀末あたりまで、一般の主なインターネット回線はアナログの電話線だった。凝った画像作りをしたホームページなど、表紙ページを受信するのに数分かかった。だから、アクセスしてから開くまでの待ち時間に、他の仕事をしていた。
アナログ電話回線がデジタルのISDNに変わり倍速になった時は感動した。それからすぐに光回線に代わり、一瞬で開くようになった。しかし、パソコンの画像処理能力が追いつかず、動画は度々中断した。

15年前にスマホは登場していたが「野田と申します」制作の頃は一般化していない。当時、私はスマホは普及しないと予測した。読み間違えた理由は、私が必要としなかったからだ。そして今も、スマホを必要としていない。
野田さんが住む木造アパートは築二十五年。隣近所は80歳前後のお婆さんの一人暮らしばかりだ。多分、新築してすぐに、50歳代前半で彼女たちは入居したのだろう。登場人物が今も生存しているなら、皆90代で一人暮らしは難しい。
今はさらに厳しい現実がある。民間アパートは一人暮らしの老人に絶対に貸さない。寝込まれたり、孤独死されると厄介だからだ。
しかし、入居者の孤独死は40代から50代の働き盛りの男ばかりだ。老人の一人暮らしは公的な厚い見守り支援があるので、意外に事故は少ない。

昭和40年代のアパートは、戦争未亡人の一人暮らしが多かった。やっと遺族年金が充実して、パートをすればつつましく生活できる時代にかわっていた。当時、私はおばあさんと思っていたが、今思うとまだ50歳前の女盛りだった。一人暮らしの訳を聞くと、戦地で夫を亡くしたとか、空襲で子供と死に別れたとか、切ない話ばかりだった。そりような話を思い出すのは、お盆だからかもしれない。

傍のEテレで、炭酸ガスによる海の酸性化問題を取り上げていた。
二酸化炭素削減については、科学情報が交錯して真実が伝わってこない。
日本近海は炭酸ガス吸収能力が世界で一番高く、常に炭酸ガス不足の状態にある。もし、日本の炭酸ガス排出が増えても海が吸収し、藻類が増殖する。藻類が増えれば、それを食物とする動物プランクトンが増え、それを餌にする魚も増える。

それらの事実が日本で報道されることは殆どない。なぜなら、炭素問題は欧州が指導権を持っているからだ。欧州は偏西風の流れる先に、排出炭酸ガスを吸収する海がないので、即、温暖化を促進してしまう。さらに、ドイツを中心とする彼らは自分勝手だ。ウクライナ戦争でエネルギ不足に陥ると、それまでの政策を覆し、原子力や火力発電を再開し始めた。

24_bus

「おじいちゃんのバス停」から・・・
霧の中から山バスがあらわれた。運転席のキツネが「はやくのれ」とせかせた。
おじいちゃんはドングリをキツネにわたした・・・
絵本へは左バーからリンク。

13日土曜日の「TOKYO854くるめラ」のFM放送では「おじいちゃんのバス停」の全文が朗読された。その回は8月27日土曜12時からの「よみきき」にて再放送される。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 立秋過ぎてツクツクホーシ。東中野でシュールストレミング試食イベント。鉱石ラジオ世代と東久留米FM局。2022年8月11日 | トップページ | 「比較することで不幸になる」荘子。私は母方からアウトサイダーの気質を受け継いだ。2022年8月18日 »