« ようやく酷暑は終わりだ。2023年9月21日 | トップページ | ムスリムの新妻。夜行バス。2023年9月24日 »

2023年9月22日 (金)

かって、芯の強い無名の女性たちが日本を支えた。2023年9月22日

M_2_20230922085301

田舎臭くどこか自信なさげだが、芯の強い昔の女性を描いた。
かっての日本は、このような人が大多数だった。
若くても、彼女たちはおばさんに見えた。
しかし打たれ強く、戦後の荒廃から日本を立ち上がらせ支えたのは、無名の彼女たちだった。

M_1_20230922085301

「倦怠」広い店だが、客はこの二人と私だけだった。
私はコーヒーを飲みながらスケッチしていた。
彼女はそれを知ってか知らずか、しどけなく素足を立てていた。


二人は若くはないが、中年には少し間がある。
激しく愛し合っていた頃もあったはずだ。
しかし、どう努力しても心が離れてしまうことはある。
それでもまだ、残り火をかき立てたい思いを、二人に微かに感じた。

M_10_20230922205501

生成AIに作らせた黄昏の東京駅。
「丸の内口から眺めた東京駅のホテル1階」と指定して、生成したのは丸ビルから眺めた東京駅だった。
さほど悪くないのでこの投稿に使った。

先日、ネット環境が悪いお客さんへ、重い画像データをCDに焼いて郵送した。
そのため、CDケースを使い果たしてしまい、補充の買い物へ出た。
いつもは池袋のビックパソコン館へ行く。
しかし、池袋は見るところがないので有楽町店にした。

東京駅で下車。
丸の内口から有楽町へ歩き始めると突然の雨。
傘は持って出たが、途中の国際フォーラム1階のカフェ・ヤクンカヤトーストの外テーブルが気持ち良さそうだったので寄り道した。

外テーブルの隣席は中年女性の二人組だった。
壊れた蓄音機のように切れ目なく喋り続けているのが不快。
店内にはいったが、立方体にデザインした四角い木製椅子の座り心地が最悪。
おまけに、頼んだアイスコーヒーも最悪。
センブリみたいに苦いだけのコーヒーは生まれて初めてだ。
比べると、安物のインスタントコーヒーの方が100倍は美味い。
後で調べたらシンガポールから進出したトーストが売りの店だった。
半分飲み残して店を出て、近くのビックカメラへ向かった。

売り場にCDケースはなかった。
私がケースを買ったのは10年前だ。
今はケース入りのCDが1枚90円ほど。
昔のケースの値段でCD入りが買える時代になっていた。
1000円を切る値段で10枚パックを買って出口へ向かった。

通路にシャープの85型・AQUOS 8K・4K内蔵 液晶テレビがあった。
値段は150万以上。
感動するくらい高解像度で鮮やかなので、15分ほど見惚れてしまった。
しかし、それだけの機能を生かせるコンテンツは殆どなさそうだ。

再度、東京駅から電車に乗った。
高崎線は赤羽駅で線路立ち入りがあり遅れが出ていた。
前回と前々回はホームで誰かが非常ボタンを押して、大幅な遅れが出た。
赤羽には困った人が多いようだ。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« ようやく酷暑は終わりだ。2023年9月21日 | トップページ | ムスリムの新妻。夜行バス。2023年9月24日 »