« 頑張れ習近平主席。貴方がいたら日本は安泰だ。2024年4月19日 | トップページ | 昔は良かったは間違っている。今の方がずっといい。2024年4月21日 »

2024年4月20日 (土)

日米のホームレスの違い。2024年4月21日

M_2n_20240420073501

5年前の桜吹雪の中ですれ違ったホームレス。一瞬目が合った。傲然とした野太い顔だ。私は彼らを自由採取民と呼んでいる。子供の頃は浮浪者と呼んでいた。「浮き漂う浪人者」意外に良い字面だ。

50年以上昔、全共闘と機動隊が激しく闘争していた頃、新宿西口広場に段ボールハウスの集落があった。あれはバブルの頃には完全に消えた。分散した彼らの一部は、多摩川や赤羽あたりの河川敷に流れ着いた。

物好きな母は、新河岸川の河岸に住む自称元社長のホームレスの爺さんとよく世間話をしていた。彼は寒くなると、すぐ近くの民間総合病院に入院して休養した。当時は健康保険の財務状態が良く、1ケ月でも2ケ月でも入院できた。

健康保険証を持っているのが、日本のホームレスの特徴だろう。もし持っていないとしたら、身元を隠す必要があるからだ。彼らは米国の一般人より遥かに贅沢な医療環境にいる。

戦前は山を自由に放浪する民、サンカ・山窩がいた。彼らに私有財産の考えはなく、しばしば里人の私有地の果実や野草などを採取して諍いが起きた。
この対立はインディアンと入植した白人との争いに酷似している。インディアンのテリトリーに勝手に入植した白人たちの農地の作物を採取したインデアンは泥棒扱いされた。そして、騎兵隊に害獣のように殺戮された。

アメリカ大陸に最初にヨーロッパから移民してきた白人たちは、現地のインデアンの助けがなかったら最初の数年を生き延びることができなかった。白人はインデアンから食料を分けてもらい、トウモロコシの栽培法などを手取り足取り教えられた。

ちなみに、インデアンは差別用語ではない。白人活動家たちが勝手に「ネイティブアメリカンと呼ぶべき」と言っているだけのことだ。もし正しく言いたいのなら、シャイアン族の女とか、ポピ族の男などと呼ぶべきだ。

米国のホームレス数は60万人。3.333億の人口の割には少ない。理由は彼らが多くが暮らすニューヨークなどの冬が北海道並みに厳しく、生き残る者が少ないからと言われている。
彼らの4割は働いて収入を得ている。しかし家賃高騰で住まいを借りることができずホームレスをしている。

救済組織から一番に救済されるのは白人。その他は次々と後回しにされる。人種差別以外にLGBT差別、中東やアフガニスタンでの兵役経験者への差別とホームレスは差別の吹き溜まり状態だ。それに薬物中毒などが絡み解決を難しくしている。
宗教差別もある。モルモン教やアーミッシュなどの厳しい戒律に背いて、コミュニティから追い出されホームレスに陥ったケースは多い。

彼らと日本のホームレスの決定的な違いは衛生観念だ。さらに日本人ホームレスの多くは背広とネクタイを所持し、就職面接や病院通いの時に使う。

昔、池袋駅近くのガード下で暮らしていたホームレスがいた。彼はダンボールの床を玄関、応接間、寝室、台所と分けて使っていた。寝室には近くのラブホ街で拾ってきた派手な花柄布団が敷いてあった。訪ねてきた仲間は玄関で靴を脱いできちんと揃え、応接間でお茶を飲んでくつろいでいた。

先日の花見の頃、上野や代々木公園での花見シートでも、日本人の多くは玄関らしき場所を決め靴を揃えていた。それが靴のままシートにあぐらをかいている外人たちとの大きな違いだ。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« 頑張れ習近平主席。貴方がいたら日本は安泰だ。2024年4月19日 | トップページ | 昔は良かったは間違っている。今の方がずっといい。2024年4月21日 »