« ネズミの楽園実験と少子高齢化社会。2024年6月17日 | トップページ | 母から聞いた大正から昭和の無名の女性たちの物語を劇画調に描き始めた。2024年6月20日 »

2024年6月19日 (水)

ツタンカーメンの黄色いリビアングラスのスカラベ。2024年6月19日

M_1_20240619004201

30年前のキラキラ星をキッチュに描く仕事。
日に3枚くらい早描きしたので意外に儲かった。
ピラミット繋がり・ツタンカーメンの胸飾りのリビアングラスのスカラベが好きだ。
トロけそうな淡いハチミツ色が良い。

2800万年前、エジプト上空で彗星が爆発した。2000度の爆風がサハラ砂漠の石英を溶かし一瞬でリビアングラスが生まれた。その黄色い石英ガラスはサハラ砂漠の広範囲に散らばっている。しかし、ツタンカーメンのスカラベほどの大きさと透明度のものは二つとなく貴重だ。

リビアングラスは神聖なエネルギーを持つパワーストーンとして知られている。そのあたりの地上にクレーターがないので、彗星が空中で100メガトン級の爆発を起こして生成されたようだ。

郵便振り込みのため、3時締め切りに間に合うように出かけた。
途中の小学校から、水泳教室の子どもたちの楽しげな歓声が聞こえた。近年はプール周りに目隠しの塀が巡らされている。そうしないと、子供の水着姿を盗撮に来るバカ者がいる。彼らは個人で楽しむと同時にネット販売で稼ぐ。

先日のNHK番組で、Appleとfacebookが児童ポルノで巨額利益をあげていたと報道していた。米国には厳しい規制があると思っていたので、国際的な大企業がそんな卑しい仕事で利益を上げていたことに驚愕した。

画像は一旦ネットに上げると回収は絶対に不可能だ。その苦しみで自殺した若者が大勢いる。以前、アップルから動画共有サイトの案内メールが来た。そのシステムが、裏の仕事に利用され、アップルやFacebookは潤っていた。番組を見ながら、愛とか温暖防止とか耳障りの良いことを言って良い子ぶる米国企業の典型だと思った。

郵便局には3時15分前に到着した。
待っている人はいないが、前の人の手続きがえらく時間がかかっていた。局員は休みなく働いているのに能率が極めて悪い。待合室のテレビではアフラックのがん保険の宣伝動画が無限ループに繰り返されていた。
「抗がん剤で髪の毛が抜けることが不安でしたが、係の人に優しく説明していただいて安らぎました」
綺麗な女性がこの台詞を10回くらい話すのを聞いた。それは時間が止まっていると錯覚させる巧妙な仕掛けかもしれない。結局、私は30分ほど待たされてしまった。

CMのアフラックは、小泉首相の郵政改革で参入した米国保険会社だった。小泉さんの郵政改革の真意は今もって理解不能だ。
「自民党をぶっ壊す」
その言葉に当時の国民は熱病のように浮かされていた。彼が赤羽駅前で選挙演説をした時、広場は黒山の群衆に埋め尽くされた。

日本の選挙は内容空疎なアジテーションだ。真理などどうでもよい。見栄えが良くて耳障りがよければバカでもトップに立てる。
さて、東京都知事選のタヌキとキツネはどちらが勝つのやら。
今まで私が入れた泡沫候補が勝ったことは一度もないが、今回も泡沫に投票する。

画像の星はシリウス。ピラミットとの位置関係、星の位置、時刻、全て正確に描いている。

Ma_3

Ma_4

Ma_5

Mas

|

« ネズミの楽園実験と少子高齢化社会。2024年6月17日 | トップページ | 母から聞いた大正から昭和の無名の女性たちの物語を劇画調に描き始めた。2024年6月20日 »